ワンちゃんの避妊手術について

2015年04月13日

どんな手術?

卵巣を摘出します。子宮に異常が認められた場合は、子宮も摘出します。
ご予約いただいた日の午前中に来院いただき、2泊3日の入院後、退院という流れになります。

 

避妊手術の適切な時期

からだがある程度成長し、かつ、初回発情の前に、手術するのがお勧めです。
初回の発情前に避妊手術を実施すると、乳腺腫瘍の発生率が減少するといわれています。
犬種によって性成熟の時期が異なりますが、生後6~8カ月齢くらいが避妊手術の適切時期です。

高齢になると体力の低下や病気などによって手術に対する負担も大きくなりますので、若く元気なうちに手術することをお勧めします。

 

避妊手術のメリット・デメリット

メリット

・望まない交配による妊娠を避けることができます

お散歩時や脱走時などに、ほかのワンちゃんとの接触で妊娠することを防ぎます。

・性ホルモンに関連した現象を抑制します

発情時にみられる外陰部からの発情出血がなくなります。

・生殖器疾患および性ホルモンに関連した疾患を予防します

子宮蓄膿症、乳腺腫瘍、卵巣腫瘍、子宮・膣腫瘍(平滑筋腫)、膣脱、偽妊娠などを予防します。
また、糖尿病の発症率を減少させます。

デメリット

・手術後に繁殖させたくなっても不可能です
・太りやすくなります

食欲が増加する場合がありますので、摂食量を適正に保ち、適度な運動を心がけましょう。

・麻酔のリスクがあります

全身麻酔をかけますのでリスクは0%ではありません。手術の前に検査を受けることをお勧めしています。